副業!ネットで副業のすすめ

「副業!ネットで副業のすすめ」の有益情報をお届け!

副業!ネットで副業のすすめ.com

副業,在宅,稼ぐ,ネット,サイドビジネス,ネットで稼ぐ,株,投資,デイトレード, ネットビジネスの情報を提供します。


副業とは

副業をはじめませんか?

副業をはじめて、これからの生活をもっと充実させてみませんか?

副業とは、本来の仕事の空き時間などを利用して、
本来の仕事とは違った別の仕事を行うことをあらわします。

本来の仕事とは違い、副業は自分のペースに合わせて楽しく仕事ができるという利点があります。
続きを読む
タグ:副業

副業とは

団塊世代の老後の生活設計

団塊世代の人が老後の生活設計をするときに大切なことは、自分達が望む老後の生活とはどのようなものであるかを明確にし、
それを実現するためにはどのような手段が必要なのかを考えることです。

団塊世代の老後生活には、再就職や地域のボランティア活動への参加、またはのんびりと家族で過ごすとか、
どこかへ移住するといったいろんな考えがあるでしょう。

そういった色々な老後の生活設計を実現させるために計画を立てていく事です。

定年後にゆっくり考えることもいいと思いますが、老後の生活を豊かにしていくためには、
現在の自分の状況を把握し、何が大切か、どのようなことがしたいのかなど考えることが大切でしょう。

自分なりの希望を持って、老後の生活設計について考えてみてください。

株式投資

あなたは向いていますか?

株式投資にあなたは向いているか?それを判断する材料はいくつかあります。

私は株式投資に向かない人には2タイプいると考えています。
ひとつは資金的に無理のある場合
もうひとつは性格的に向いていない場合です。

株式投資は損失を被る可能性があるため、余剰資金で運用することが基本となってきます。
ローン返済が滞ったり、住宅ローンがスタートしたばかりの人は、現在は資金的に余裕があるかもしれませんが、まだ安定しているとはいえません。
株式投資に失敗したときには急速に家計が苦しくなるケースも考えられます。

株式投資は性格的に向き不向きがあります。
かっこよく言ってしまうと株式投資は冷静な分析力と大胆な行動をともに必要とするものです。
そのためそれからあまりにも外れている人は適正がありません。
要するに自分をコントロール出来ない人はやらないほうが良いでしょう。
具体的には極度に心配性な人、何をやるにも他人任せな人、ハプニングに弱い人、極端に見栄っ張りな人などが当てはまります。

株式投資は性格的に向いていても、食事や旅行など、プチな欲望のためだったらやめたほうがいいでしょう。
株式市場に参加している投資家の多くは真剣です。
中には人生をかけている人もいます。
そうした人達に安易に立ち向かって勝てるはずがありません。

株式投資とは真剣に取り組むべきです。

ネット副業をはじめる準備

フリーメールの取得2

以前 ヤフー goo Hotmail を紹介しましたがもう一つ忘れていました。

Gメールです!


http://mail.google.com/mail/help/intl/ja/about.html

これが結構使えるんです。
高機能で安全、セキュリティ面で安心して使えます。

また、裏技と言えるか分かりませんが続きを読む
タグ:Gメール

株式投資

株式投資で勝つために絶対に必要な知識は

株式投資で勝つために絶対に必要な知識がいくつかあります。
そのうち最も一般的なものが、「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」です。
この2つの指標をしっかりと理解することが株式投資で成功することにつながってきます。

株式投資で必要な知識である「ファンダメンタル分析」ですが、定義としては「企業の実力」「会社の業績」などから分析することです。
株価は毎日変動していきます、また一日の中でも上がったり下がったりを繰り返し最終的に終値(その日の最終価格)が決まります。
しかし、株価はある期間をとるとファンダメンタルの変化の方向に動くのが普通です。

つまり株価が上昇するか、下降するかは企業の実力、ファンダメンタルの行方をみなければならないのです。

株式投資でもうひとつ必要な知識の「テクニカル分析」とは相場の習性を見るためのものです。
株式相場は一定方向に動くのではなく、上に述べたように上下動を繰り返しながら進んでいきます。
その上下動を見るために必要なのがテクニカルなのです。

株式投資では株価の推移を見ることが重要です(株価を予想する)
ここで紹介した「ファンダメンタル分析」と「テクニカル分析」を駆使して株式投資をすることが大事になっていきます。
ファンダメンタルは目的地、テクニカルは目的地への道順を示した地図と考えれば分かりやすいでしょう。
どちらか一方欠けても困りますよネ!

株式投資

株式投資にはリスクを伴う

不思議なもので、株式投資を始める前は「株は恐いもの」と考える人が多いが、買う銘柄が決まり、注文を出す時点になると怖さはどこかに忘れ「株は必ず儲かるもの」という意識になるようです。

株式投資を実際におこなうと、買値が1円でも下がるとそれだけで「明日暴落するのではないか」と恐れるが、1円でも上がると「明日には2倍になるのでは」と妙な期待を抱くものです。

ちなみに日本株では値幅制限というものがあるため1日、2日で買った株価が2倍になることはほとんどないでしょう。

株式投資の解説書では、毎日の株価の変動に一喜一憂する必要はないと書かれていますが、それはちょっと無理な話です。私もそうですがが、毎日携帯メールで送られてくる株価情報を見ながら不安な気持ちを持ち続けています。

株式投資を始めておこなう人にとって、毎日の株価に一喜一憂することは仕方がないことなのかもしれません。私もそうです(笑)
今、株式投資で成功している人もこのような経験を積んで変わっていったのでしょう。あなたもあせる必要はありません。

ただいつまでも毎日の株価に一喜一憂していると、市場の雰囲気に流されて不要な売買を繰り返し【勝てない投資家】になってしまう恐れがあるので気をつけてください。

株式投資

ネットで株式投資をはじめる前に

株式投資ネット副業をはじめる前に、自分の投資スタイルをしっかりと決めておくことが必要です。
自分の投資スタイルを決めておけば、証券会社選びもスムーズに行えますし、ネット副業で稼ぐはずが、逆に高い手数料を支払うことになって、思ったより稼げなかったとか、ほしい株が買うことが出来なかったという、万一の事態からの回避にもつながります。

株式投資をはじめる上での、投資スタイルを決定するポイントとして、資金額はいくらを予定しているか、購入したい株の数、株式投資のネット副業として、どの位の時間が使えるのか、などが挙げられます。

株式投資のネット副業は、成功すれば高額の収入を手に入れることができますが、万が一失敗した場合には、かなりの損害となる恐れもあります。
株式投資のネット副業をはじめる前に、株式投資のメリット・デメリットについて、しっかりと把握して、自分の投資スタイルを決めていかれることをお勧めします。

株式投資

入金方法

株式投資ネット副業をはじめるにあたっての入金方法を紹介します。
まず、証券会社から、口座開設手続き完了の通知がきたのを確認してから、
口座を持っている証券会社のサイトにログインします。
次に証券会社の指定された口座に、保証金を入金します。
保証金の入金方法は、一般の銀行振り込みの他に、銀行のオンラインサービスを利用した、
即時入金サービスという方法があります。
即時入金サービスとは、証券会社が提携している銀行のオンラインサービスを利用している人なら、
誰でも利用できるサービスです。
即時入金サービスは、手数料が無料の場合がほとんどで、入金手続きがすぐに反映されますので、
すぐにでも株式投資ネット副業を行うことができるというメリットがあります。
少しでも資金の節約をしたい方は、即時入金サービスを利用されることをお勧めします。

株式投資

株の売買注文法

株式投資ネット副業をはじめるにあたっての、
の注文方法について紹介していきます。
株の注文方法には、指値注文と成行注文の2種類の方法があります。
指値注文とは、あらかじめ株取引を行う値段を設定しておく方法で、
株値が500円になったらその株を買う、もしくは売るといった、
デイトレードでは必須となる注文方法になります。
成行注文は指値注文と逆で、株取引をする時の値段を決めずに注文する方法で、
とにかく株を売りたい、買いたいといった注文方法となります。
株式投資のネット副業において、どちらがより最適な方法であるかは断定しかねますが、
株式投資のネット副業においては、基礎的な知識となりますので
、事前に指値注文と成行注文についての知識を学んで、
状況に応じた、指値注文と成行注文の使い分けをしていき、
株式投資のネット副業で稼ぐように心がけておきましょう。

株式投資

信用取引

株式投資ネット副業で稼ぐ方法に、信用取引という方法があります。
信用取引とは、一定額の委託保証金(元金)や手持ちの株を担保にして、
最大で、担保額より三倍の金額で株取引が行える方法で、
株式投資のネット副業としては、大きなリスクを背負うことになりますが、
株取引に成功した場合には、高額の収入を手に入れることができます。
手持ちの株や、国債などを担保として信用取引を行う場合には、
通常、株の時価に80%程度の掛け率を乗じて、金額を換算します。
株式投資のネット副業で信用取引を行う場合には、信用取引口座の開設が必要となります。
信用取引口座の開設には、電話による面接がありますが、
ある程度の株取引の経験と、信用取引についての基礎知識があれば、
意外と簡単に口座を開設することができるようです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。